ふるさと納税が増えてくると まさかの記載漏れも増える!?

いやいや!絶対にあかんやろう!と思ったふるさと納税の記載もれ!(記事⇒え?まさかの記載漏れ?ふるさと納税の控除ができていなかったハナシ

対応してくれて数日後 修正の納付書がどのような形で届くのかが気になり 再度 発行先の市役所に電話。
対応してくれたのは 女性の職員さん。

先日 控除の記載もれがあったハナシをし、きちんと修正されているかどうか確認してもらうと

「この件に関しましては きちんと修正がかけられているようです。」との答え。

一番気になったのは こちらが ワンストップ特例制度の手続きをきちんとしているにもかかわらず、しかも市にその書類が届いているにもかかわらず 控除がされていなかった点。

「こういうミスって よくあることなんですか?これって ウチが気が付いて問い合わせたから修正してもらったけれど もし こちらが気がつかずに問い合わせもしなかったら そのままだったってことですよね?」

と聞いてみると 
「そうですね。これから ふるさと納税が増えてくると そういったことも増えてくるかと思います」
って答え!!!

えーーーーー!??(;゚Д゚)絶対絶対 あかんやろーーーー!!!

ふるさと納税が増えてきたからって  そんなこと 当たりまえみたいに言ったらーーー!!!

人間やから ミスするのは仕方ないとしても そんなことが 当たりまえになったら 絶対にあかん!
回数が重なってきたら ミスをミスとも思わへんようになってくるから!

ふるさと納税をした皆さん!今一度 税金決定通知の確認をしてくださいね。

ちゃんと控除はされていますかーーー?
市にまかせっぱなしじゃなくて ちょっとでも あれ?って思ったら問い合わせをしてくださいね。

ちなみに 会社で住民税が引かれている場合は 税金の決定通知書は会社あてに届けられて そこから本人に渡されるそうです。修正された場合も 修正された通知書が会社に届けられるんだそうです。
市によってちがうかもしれませんが うちの場合は そんな感じでした。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック